ガバナンス体制

ペルミラは、国際的な信頼の礎として、最高水準のガバナンスを、あらゆる業務活動において守りつづけることを約束いたします。

 

取締役会

ペルミラ・ホールディングズ・リミテッドは、ペルミラ・グループの持株会社です。当グループの業務執行と職務執行の監督は、ペルミラ・ホールディングズ・リミテッド取締役会が行ないます。取締役会は、カート・ビョークランドおよびトム・リスターの共同代表パートナー2名、ウルリッヒ・ガッセ、べノア・バウチのパートナー2名、ニジェル・キャリー、ビック・ホルムズおよびデイブ・ソーバリンの非常勤取締役3名から構成され、ペルミラの業務遂行に関する最終的な責任を担います。

 

執行グループ

業務執行役はカート・ビョークランド、ジョン・コイル、アレックス・エメリー、トム・リスター、シェリル・ポッター、ヨルグ・ロッケンハウザーおよびブライアン・ルーダーにより構成され、ペルミラの経営、投資戦略、長期事業計画に関する運営業務を統括します。

 

ゼネラルパートナー/マネージャー

ペルミラファンドでは、ファンド毎にゼネラルパートナー/マネージャーが投資の意思決定に責任を負い、投資・売却の判断とポートフォリオの管理を統括し、またファンド毎に投資委員会を設置し、その投資委員会に投資判断に関する助言を求めています。

 

投資委員会

 各ペルミラファンドにはファンド毎に投資委員会が設置され、ゼネラルパートナーに投資・売却決定に関する助言を行うとともに、ファンドの運用状況に関する総合的なモニタリングを実施します。「ペルミラ4号ファンド」、「ペルミラ5号ファンド」および、「ペルミラ6号ファンド」を担当する投資委員会のメンバーは、カート・ビョークランド、トム・リスター、ヨルグ・ロッケンハウザー、リチャード・サンダースおよびベノア・バウチです。

 

利益相反

ペルミラのすべてのパートナーおよび従業員は、業務における利益相反発生の可能性を常に考慮し、そのような事態をいち早く特定し対処する責任を負っています。当社では、利益相反発生の事態を避け、また発生した利益相反については、当事者双方の利益を保護し、公平な手段による解決を行なうため、独自の社内規定とガイドラインを導入しています。さらに当社では、利益相反と機密情報の誤用を徹底して防ぐことを目的に「個人投資取引に関する取り扱い規定」を整備しています。この規定に基づき、当社は、個人の利益が当ファンドの投資家の皆様の利益と相反する、もしくは相反すると判断される危険性がある事態を避けるよう努めてまいります。

 

投資先企業との協力関係

ペルミラの従業員は、ペルミラファンドを代表し、必要な支援と助言を投資先企業に提供し、投資先企業の最新業績を逐次モニタリングしていきます。さらに、投資先企業の経営状態については、各ペルミラファンドを担当する当社の投資委員会とゼネラルマネージャーが定期的に評価します。

 

ペルミラの企業理念

ペルミラは、国際的な信頼の礎となる最高水準のガバナンスを、あらゆる業務活動において守りつづけることを約束します。また、ペルミラでは世界で共通する事業方針を導入し、これに基づき慎重な経営と事業運営を行うとともに、リスク管理、守秘義務および機密厳守、利益相反の回避、汚職・贈収賄および資金洗浄の防止など、当社事業に関連する法令を遵守します。さらに、当社では全従業員の行動の指針となり、事業運営の基盤となる企業理念を確立しており、当社の全てのパートナーおよび従業員は、この企業理念の条文と精神に反することなく業務に取り組むことが求められます。また当社では、投資先企業の皆様におかれましても、当社の企業理念をご理解いただくようお願いしています。