アリスタライフサイエンス

ペルミラの支援期間中に アリスタライフサイエンス(アリスタ)は、新興市場での成長を背景に2桁の年間成長率を達成し、世界最大規模の農薬メーカーの1社となるまでに躍進しました。同社の新興市場での事業強化をどのように支援したのか…

米国

エグジット

経営陣と共に同社の企業価値を向上

  • 二桁の年間成長率を達成するなど堅調な財務実績
  • 海外における戦略的買収と事業拡大により、植物成長調整剤の分野で世界第2位の規模を誇る企業に成長
  • ソリューション提供型の事業を目指し、製品ポートフォリオを戦略的に転換
  • サプライチェーンの大幅なコスト削減を実現

投資戦略

  • アリスタが競争優位性を発揮し、業界平均よりも早く収益を伸ばすことができる市場セクターおよび地域に焦点を当てる
  • ラテンアメリカやアフリカなど急成長する市場での積極的な事業展開
  • フランスの大手植物成長調整剤メーカーであるGoëmar社(ゴエマー)を含む南アフリカ、インド、フランスでの戦略的企業買収
  • 一括購買と低コスト生産国からの調達を増やす新たなサプライチェーン管理システムを、グローバル規模で導入
  • 大規模な投資により100カ国以上で3,600品目以上の農薬登録を実施、全世界で1,100件を超える特許資産ポートフォリオを構築

 

www.arystalifescience.com

$35.1億

取引金額

2008年

取得年

1.6倍

ROI

2015年

エグジット

EBITDA

投資時 - €1.17億
2014年6月 - €2.3億