ペルミラの紹介

成長意欲を持つ企業を業界リーダーへ導くことは容易ではありません。そのためには、企業には経験豊富なパートナーの支援が必要となります。 ペルミラのセクターチームがそれぞれのインサイトと専門知識を駆使して急展開する今日の世界において成長テーマを特定する方法を、当社マネージングパートナーのカート・ビョークランドが語ります。

600億ユーロ以上

運用中のファンド

最大300社

支援対象企業数

16拠点

欧州・米国・アジアの拠点

35年以上

事業支援実績

会社沿革

ペルミラは、1985年に欧州にてSchroder Venturesの社名で設立されたグローバルに展開する投資会社です。2001年に社名をペルミラに変更しました。 現在は欧州・米国・アジアの16カ所の拠点に約450名のスタッフを擁しています。 当社のバイアウトファンド、グロース・オポチュニティ・ファンド、クレジットファンドの運用総資産は総額約600億ユーロ、世界中で支援する企業は数百社にのぼります。

グローバル化

欧州・米国・アジアに16カ所の拠点を置き、グローバルにビジネスを展開しています。全世界で活躍する投資プロフェッショナルチームは、パートナー企業と投資家の皆様の成長目標と戦略的目標の達成ためにグローバル支援体制を提供しています。

4つの注力セクター

1990年代以降、特定セクターにフォーカスをする成長テーマ別の投資アプローチを採用し、テクノロジー、コンシューマー、ヘルスケア、サービスの4つのセクターで専門的な知識と幅広い視点を培ってきました。

投資実績

運用中の資産総額は約600億ユーロにのぼり、様々な投資サイクルを通して良好なリスク調整後リターンを実現してきました。

成長重視の価値創造

ペルミラのポートフォリオチームは、豊富な業務経験と専門知識を備えた20名で構成される専門チームです。また長年の経験と深い知見を持つシニアアドバイザーによる広範なネットワークを活用して、経営陣を強力に支援します。