ペルミラの紹介

250億ユーロ 運用資産総額
30年 事業支援実績
53億ユーロ 現在運用中のファンド

高い成長意欲を持つ企業でも、業界リーダーとしての地位を築くまでには多くの困難が伴います。だからこそ、経験豊富なパートナーのサポートが必要であると私たちは考えます。

  • 世界に広がるネットワーク
    ヨーロッパ、米国、アジア各地域の14拠点、200名を超えるスタッフが、買収対象の選定、優れた人材の招聘による経営陣の強化、新たな戦略的提携関係の構築を通じて、投資先企業のグローバルな成長を支援します。
  • 各セクターに関する深い知見
    消費財・小売、テクノロジー、産業財、金融サービス、ヘルスケアの 5つの主要セクターにおいて、経験豊富なグローバルセクターチームが豊富な投資実績をもとに成長機会を発掘します。
  • 健全な投資実績
    1985年の設立以来、ペルミラファンドの運用資産総額は250億ユーロ(約3兆4,000億円)を超え、200社超の企業の成長を支援してきました。

 

ペルミラの投資アプローチ

ペルミラは、大手靴ブランドのドクター・マーチン、産業オートメーション会社のインテリグレイテッド、カスタマーサービスソリューション開発会社のジェネシス、水産医薬品メーカーのファーマックなど、多くの業界リーダーと協業しています。各企業の課題に合わせ、ペルミラのアプローチも異なります。グローバルな事業展開に向け大規模な支援を必要とする企業もあれば、優れた人材と事業機会さえあれば大きな飛躍が期待できるケースも存在します。ペルミラが各社毎に異なるソリューションを提供する理由はここにあります。企業の皆様と同じく、私たちもまた起業家精神を持つ集団です。だからこそ、起業家精神を共有出来る皆様と一緒に取り組んで行くことが重要だと考えています。この理念にもとづき、ペルミラでは、優れた業績と高い成長意欲を合わせ持つ企業を積極的に探しつづけています。

私たちは、単なる資金提供の仲介を超えた、企業の皆様との真のパートナーシップ関係を築き、同時に企業の皆様にはペルミラのグローバルネットワークに欠かせない存在となっていただきます。投資先企業の皆様には、ペルミラの経験豊富な専門家が持つ業界の知見をご提供するだけでなく、投資先企業の皆様の可能性を最大限に引き出すべく、私たちの持つ専門知識と経験を積極的に提供してまいります。いかなる状況下でも、世界のどの場所においても、すべての投資期間を通じて、最高のチームにより投資先企業を支援することをお約束します。

 

ペルミラの沿革

1985年、シュローダー・ベンチャーズの社名で設立されました。1997年にペルミラファンド初のパン・ヨーロッパファンドを設立した後、2001年に社名をペルミラに変更し、現在はヨーロッパ、北米、アジアで14拠点、200名を超えるスタッフを擁する国際的な投資会社として事業を展開しています。

ペルミラは、2005年にアジア最初の拠点として東京オフィスを開設しました。ペルミラファンドは、2008年には日本での第1号案件としてアリスタライフサイエンス株式会社(旧トーメン・ニチメンの農業化学・医薬・動物薬関連事業)、2012年には第2号案件として回転寿司レストランチェーンの株式会社あきんどスシローへの投資を実施し、両社の成長を支援してまいりました。