ペルミラファンド傘下の CEIL、 あきんどスシローの株式取得

2012年8月28日

グローバルに業務展開する欧州系プライベートエクイティ会 社、ペルミラのファンド傘下にあり、アイルランド共和国に拠点を置く国際投資会社で あるコンシューマー・エクイティ・インベストメント・リミテッド(以下、「CEIL」)は本日、 国内最大手の回転すしチェーン、株式会社あきんどスシロー(本社:大阪、以下「ス シロー」)の株式をユニゾン・キャピタルより取得することに合意しましたのでお知ら せいたします。

スシローは全国で直営店を 335 店舗(2012 年 8 月現在)展開しており、売上高にお いて業界最大手の回転すしチェーンです。これまでの中期事業計画のもとで経営力 とブランドを強化して独自のビジネスモデルを築き、2011 年には「回転すしで売上高 日本一」という目標を実現、同時に顧客満足度調査においてもトップの座を獲得する に至りました。さらに、同年 12 月には韓国ソウルに海外初出店を実現しました。

日本国内では、消費者志向がより価値あるサービスを求める「バリュー・ダイニング」 へとシフトしており、業界トップのスシローはその時流に乗り業績を拡大してきました。 今後 CEIL は、スシローの競争優位を活かしながら、国内の成長を加速化させると ともに、回転すしのグローバルな事業展開を推し進めるという成長戦略を実現すべく、 現経営陣をサポートしてまいります。

スシローの豊崎賢一代表取締役社長は次のように述べています。「スシローが次の 成長段階に入るにあたり、ペルミラのファンド傘下にある CEIL とパートナーシップを 組むことができたことを非常に嬉しく思います。当社の『うまいすしを、腹一杯。うまい すしで、心も一杯。』という企業理念は日本のみならず海外においても大いに受け入 れられるものと確信しています。CEIL はグローバルな事業展開を目指している成長 企業の支援に多大なる経験を有しており、当社が次なる成長戦略に取り組む上で最 良のパートナーであると確信しています」。

ペルミラ・アドバイザーズ株式会社代表取締役の加藤有治は次のように述べていま す。「私どもは、スシローの経営陣が掲げる企業理念、品質と価値へのこだわりに共 感すると共に、日本の『食文化』の潜在力にも注目しています。スシローはここ数年 間で非常に高い知名度・人気を備えたブランド価値を構築することに成功しました。 今後も国内における更なる店舗拡大に加え、海外市場においても新たな成長を遂げ ることができるものと確信しています。

私どもは、日本の『食文化』を代表する寿司事 業の世界展開を視野に入れ、スシローの現在の独自経営路線及び財務面の柔軟 性を維持しながら、新たな成長資金枠も設定し、さらなる成長に向けてスシローを支 援してまいります」。 本件はペルミラファンドのアジア地域における 4 件目、日本においては 2008 年に 農薬業界で世界大手のアリスタライフサイエンス株式会社に投資して以来 2 件目の 投資案件となります。



PDFバージョンをダウンロードする