IEIL、アリスタライフサイエンスの買収を完了

2008年3月6日

ペルミラ・ファンドが設立し、アイルランド共和国に拠点を置くグローバルな投 資会社であるインダストリアル・エクイティ・インベストメンツ・リミテッド (以下、「IEIL」) は、本日、 規制当局による承認を経て、アリスタライフサイエンス株式会社(以下、「アリスタライフサイエン ス」)の 2,500 億円(約 24 億米ドル)での買収完了を発表しました。アリスタライフサイエンスは本 社を東京に置き、グローバルに農薬関連事業を展開する企業です。本件は、2005 年にペルミラ・ ファンドが東京オフィスを設立して以来、日本における第一号投資案件であり、プライベート・エク イティによるものとしては、2007 年日本国内最大規模の取引案件でした。

本件の資金調達においては、JP モルガン証券株式会社、リーマン・ブラザーズ証券会社、バイエ リッシェ・ヒポ・フェラインス銀行および株式会社あおぞら銀行が、シニア・デット、シニア・メザニン およびジュニア・メザニンを組み合わせた融資を取りまとめました。今回の協調融資には数多くの 大手金融機関が参加いたしました。世界的に貸出市場が低迷する中、本案件にかかる資金調達 は、案件完了に先立つ形で確保されました。このことは、適切なスポンサーによる良質な案件であ れば、日本市場において引き続き LBO のための資金調達が可能であることを示しております。

アリスタライフサイエンスでは、2007 年度も引き続き業績好調で、営業収益および EBITDA とも に予想を若干上回る水準を記録しました。

アリスタライフサイエンスの最高経営責任者クリストファー・リチャーズは次のように述べています。 「現在の金融市場の混乱にも関わらず、買収資金を成功裏に調達できたことを大変嬉しく思いま す。今後は IEIL 及びペルミラ・ファンドと共に引き続きグローバル規模での成長を実現してまいり ます」。

IEIL 会長のマーガレット・オッコーナーは次のようにコメントしています。「本案件の資金調達にお いて国内外の関係者より強力なサポートを得ることができたことを光栄に思います。資金調達が 完了し、これからはアリスタライフサイエンスの世界規模での事業展開に向けて邁進することがで きます」。



PDFバージョンをダウンロードする